これからWebライターはやめとくべき?Webライターの将来性について解説

  • これからWebライターに挑戦するのはやめとくべきか。
  • Webライターは将来性がある職業なのか。

これからWebライターとして働きたいと考えている場合、収入の面や将来性の部分が心配になってくると思います。

職業に将来性がなかったら、これからずっと安定的に稼いでいくのは難しくなるのは当然です。

ここでは、Webライターの将来性や収入を安定させるコツについてを詳しく紹介していきます!

記事の内容

  • Webライターは将来性のある職業なのか?
  • Webライターとして収入を安定させるコツ
  • Webライターはやめとくべきなのか?

記事の信憑性

この記事を書いている僕は現在、大学2年生です
ブログ歴は2年目でして、現役のWebライターとしても活動しております。

webライターってなに?webライターの始め方、収入、初期費用を具体的に解説!

Webライターは将来性がある職業なのか?

Webライターは将来性のある職業なのかどうか、

結論

将来性はかなりある。

これからますますライティングスキルの需要が高まっていくことが予想できるので、Webライターのお仕事はまだまだなくならない!

Webライターの将来性については、経済産業省IT人材に関する調査から根拠付けることができます。

以下の調査結果をご覧下さい▼

(引用:経済産業省 IT人材の不足数に関する試算結果

調査結果から、ライティングスキルの需要(ITニーズ)とIT人材の不足数が共に年々高まっているのがわかると思います。

2021年現在のIT人材不足数は約100万人、2030年には130万人以上にも昇ると分析されています。

 

国が経済産業省の調査結果から『ITニーズの拡大によりIT関連市場規模は今後も拡大する』と予想しているのが、Webライターの将来性を裏付ける根拠となっているのです。

 

2021年12月現在募集中のWebライティングのお仕事はどのくらいあるでしょうか?

大手クラウドソーシングサイトで実際に調べてみたところ

募集中のライティング案件

他にもWebライター案件を募集しているサイトもありますし「ライティングの仕事がなくなって稼げなくなる!」なんてことはまずないです。

Webライターになれる求人サイトは以下記事で比較、おすすめしているので参考にして下さい▼

【2021年11月最新】Webライター向けおすすめ求人サイト5選【未経験からWebライターになれるのか?】

これからWebライターを始めても遅くはありませんし、挑戦をやめる必要も全くありません。

将来性があり、これから需要が増えていくWebライターとして、コツコツ実績を積んでいきましょう!

Webライターとして収入を安定させるコツ3つ

これから、将来性のあるWebライターに挑戦をして、安定した収入を得ていくために必要なことをお話していきます。

Webライターの収入を安定させるコツ
  • ライティングスキルを身につける
  • 専門的なスキルを身につける
  • クライアントから継続依頼を勝ち取る

ライティングスキルを身につける

将来性のあるWebライターに求められるライティングスキルは以下の通りです

求められるライティングスキル
  • SEO
  • コピーライティング
  • セールスライティング
  • タイピングスキル(文章を書く速さ)

Webライターとして収入を安定させるためには、Webライティングの知識やスキルを身につけることが最も大切です。

タイピングは速ければ速いほど、Webライターとしての収入が伸びていくことがわかると思います。

同じ内容を30分で書ける人と1時間かかる人では、単純に時給が2倍違うのです。

 

また、今後もっと将来性のあるWebライターを目指したいのならば、検索で上位表示を取るライティング(SEO)や商品を売ったりや広告を宣伝するライティング(コピーライティングやセールスライティング)といったスキルも必要になります。

 

以下の記事では、Webライターに必要なスキルを学べるおすすめ本を紹介しているので参考にして下さい▼

収入UPに繋がる!実際役に立ったおすすめWebライティング本【Webライター必見】

専門的なスキルを身につける

ある分野に特化した知識があるWebライターは、高単価な案件をもらいやすい傾向にあります。

  • IT
  • エンジニア
  • 健康
  • 美容
  • 投資
  • 金融
  • 法律
  • etc…

専門的な知識が必要で、書ける人材が限られている分野のライティング案件は高単価で受注できます。

特に、IT、エンジニア、金融、投資あたりのライティング案件はかなり多く、単価も高いので知識を身につけておくと将来性も高くなりますし、ライティングの幅も広がります。

 

過去に働いたことのある分野や、興味のある分野などのライティング案件は常にチェックして、積極的に応募していきましょう!

誰でも書ける記事(ネットで調べるだけ等)の単価は安い傾向にありますが、

専門的な知識がある人にしか書けない記事の単価は高いのがWebライターという職業です。

 

身につけられる知識は身につけておいて損はありません。

クライアントから継続依頼を勝ち取る

厳しいですが、Webライターはお仕事に応募してもなかなか採用してもらず、仕事が無い期間が続く。というのが現実です

そのため、Webライターとして収入を安定させるためには、継続依頼を勝ち取ることが必須条件となります。

 

継続的に仕事を受けられれば、今後記事の単価UPも見込めますし、自分から案件を探しにいく必要もありません。

最初は、自分からお仕事を探しに行かないといけませんが、一度採用されたらそのクライアントに継続的に依頼してもらえるように営業してみましょう!

 

少し勇気がいることかもしれませんし、継続依頼に繋がらなかったら精神的にキツいかもしれませんが、Webライターとして収入を安定させるためには、どうしても継続依頼を勝ち取りにいく必要があるのです。

 

何人かのクライアントから、いくつかの継続依頼を掛け持ちできている状態がWebライターとして最強の状態です。

 

Webライターとして収入を安定させるためにはもちろんライティングスキルが必須ですが、その他にも専門的な知識や営業の技術なんかも必要になるのです!

まとめ

今回は、Webライターの将来性について解説していきました。

結論として、Webライターへの挑戦はやめるべきではありません。

 

Webライターはこれから需要の絶えない将来性のある職業だというのは、国が調査してくれています。

挑戦に遅いなんてことはありませんので、Webライターの将来性を心配されている方やこれから挑戦してみようと考えている方は、安心してWebライター活動に取り組みましょう!

合わせて読みたい!

webライターってなに?webライターの始め方、収入、初期費用を具体的に解説! 【2021年11月最新】Webライター向けおすすめ求人サイト5選【未経験からWebライターになれるのか?】